動物の循環器 35(2) 2002年
< 目  次 >

解 説

・ 犬および猫の心筋症 -定義・分類ならびに各病型の概念・疫学・病理-
  町田 登・・・・・・77
原 著
・ Reference Values of Six-limb-lead ECG in Conscious Taiwanese Dogs
  Whey-Li SU, Kimehiko TOO, Ming-Hseng WANG, Yan-Nian JIANG,and Ming-Jeng PAN・・・・・・86
・ 各月齢におけるウサギ大動脈壁のレオロジー特性
  勝田新一郎,長谷川正光,日柳政彦,町田 登,桑原正貴,局 博一・・・・・・96
・ Evaluation of Corrected QT Interval in Dogs Using Fridericia's Cube Root Formula
  Hidekazu KOYAMA, Hisashi YOSHII, Akiko YOSHII, Hideyuki YABU, Hironori KUMADA, Kouichi UKUDA, Setsuo MITANI, Jean-Francois ROUSSELOT, Hisashi HIROSE and Tomiya UCHINO・・・・・・105
症例報告
・ 全身性転移がみられた犬の心底部大動脈小体腫瘍の1例
  清水美希,田中 綾,丸尾幸嗣,山根義久,桐原信之,町田 登・・・・・・113
技術講座
・ Practical Method for Correcting QT Intervals in Experimental Animals:
   QT Correction Formulas for Beagle Dogs and Rhesus Monkeys
  Masatoshi HASSIMOTO and Takuma HARADA・・・・・・119
日本獣医循環器学会広報担当